NICKEL&LYONS,LTD 会社情報

沿革

■1880年 肖像画

C.NICKEL氏により「NICKEL&CO.,LTD.」を設立し、本店を香港におき輸出入業、船舶代理店業を主たる事業として神戸において営業を開始した。

■1913年 ライオンス社と合併し「NICKEL&LYONS CO.,LTD.」となり、当時神戸港入港英米船の過半数のステベ業務を取扱う。
■1946年 第2次大戦中閉鎖されていたが、日本商法による現会社再発足し、船舶荷役業に専念する。
■1954年 オイルバージによる撤油脂、液体化学品のメーカ工場への回漕業務開始する。
■1962年 専属下請 神戸陸運(株)によるタンクローリー全国輸送開始。
■1963年 港湾運送事業法に基く無限定1種(元請業者としての一般港湾運送事業)をはじめ2種(船内荷役)3種(艀運送)4種(沿岸荷役)免許取得し神戸港に於ける大手 業者となる。
■1966年 神戸住吉(第2工区)に油脂タンク8基、近代的設備の雑貨倉庫の竣工、これによる保管荷捌き業務の確実、迅速化をはかる。
■1968年 港運事業部(船内荷役)を新設し、常傭作業員約300名による本船荷役に進出すると共に新時代の輸送革命に即応すべく海上コンテナーの全国輸送開始する。
■1972年 外航各社のコンテナーサービス業務開始と共に神戸に於けるコンテナー・フレイト・ステーション及び本格的陸上輸送、海陸一貫サービスを目指して着々と業務を進展した。
■1973年 第4工区に関西タンクターミナル(株)の巨大なるタンク郡を完成、住吉営業所タンクと併せてオイルの取扱、保管業務を拡充。
■1975年 大阪製油と提携して堺タンクターミナル(株)の経営に参画。
■1976年 ポートアイランド第7ライナーバースに進出、単独使用、また、神戸市より摩耶Bバース及び上屋の優先使用の許可を得て施設を大きく拡張した。
■1980年 英国コンテナーリース業テキステーナー社の日本総代理店としてコンテナーリース業を開始。
■1982年 摩耶埠頭コンテナーヤード拡充の上、保税上屋としての機能を完備。
■1988年 ポートアイランド及び摩耶埠頭とに分散していた機能をより効果的なサービスが行えるように第7ライナーバースより第12ライナーバースへ移転、隣接する第11ライナーバースの全部をコンテナーヤードに整備、他に例のない連続バースを使用し機能集約を開始。全長400mの岸壁の有効利用を可能にした。
■1992年 2月コスタルタンカー第8ニッケル丸を新造した。
■1995年 阪神大震災により関西タンクターミナル全壊。
■2000年 創業120年を経過し益々神戸港の取り扱い業務を拡充。
■2002年 5月コスタルタンカー第21ニッケル丸を竣工。
■2008年 4月東京支店で通関業務を開始。
■2009年 3月コスタルタンカー第8ニッケル丸を竣工
■2010年 9月神戸ポートアイランド第11ライナーバースを返還。
▲このページのTOPへ

Copyright(c) NICKEL & LYONS,LTD. All rights Reserved